会計時の税方式、端数処理や締日等の設定をします。
レジ締めの設定を行う場合は、「レジ締め方法」マニュアルをご覧ください。

05.レジ締め_(2)レジ締め方法

  1. 設定画面を開きます。

    画面右上にある「歯車」をクリックしてください。

  2. 「レジ設定」を変更します。

    設定ページのタブから「レジ設定」を選択してください。

  3. 締め日を設定します。

    売上集計(分析)の期日を締日として設定してください。
    毎月末日を締め日に設定する場合は、「末日を締め日に設定」のチェックボックスにチェックを入れてください。

  4. 締め時間を設定します。

    売上の締め時間を設定してください。 勤務可能時間が9:00~18:00 締め時間の設定が勤務可能終了時間より0時間後の場合、18:00以降の予約や、会計した売上は全て翌日の分として集計されます。
    勤務可能時間以降の予約や売上も当日分で集計をされる場合は、締め時間を設定してください。

  5. 決算月を設定します。

    「決算月」を選択してください。

  6. 消費税の計算方式を設定します。

    「内税」もしくは「外税」を選択してください。

    内税:施術代金や商品代金の表示金額に消費税を含む
    外税:施術代金や商品代金の表示金額に消費税を含まない

  7. 会計単位と端数処理の設定します。

    【会計単位】
    会計時に施術代金や商品代金合計を1円、10円、100円単位でまとめる設定ができます。

    【端数処理】
    1円、10円、100円単位で 「切り上げ」「切り捨て」「四捨五入」を選択できます。

    ※「基本設定」で「チケットを使用する」に☑されている 場合は、端数の設定ができません。

  8. レジ担当者を設定します。

    会計時のレジ担当者を指定することができます。 固定スタッフが会計を行う場合に設定してください。

  9. レジ締めパスワードを設定します。

    レジ締めを行う際に入力をするパスワードを設定してください。

    ※パスワードは半角数字4~8桁で設定してください。

  10. パスワードを非表示にすることも可能です。

    パスワードの横にある目のマークをクリックすると、パスワードの「表示」「非表示」の切り替え、パスワードの確認を行うことが可能です。

  11. レジ準備金を設定します。

    レジ準備金を設定してください。

  12. 登録をします。

    レジ設定完了後、画面右下の「登録」をクリックしてください。

関連記事